医療機関の方へ

治験依頼者の方へ

治験にご興味のある方へ

 

リクルート

スタッフからのメッセージ


大学院卒業後、新卒として治験の業務に就いてから、現在に至るまで

後藤 陽輔(群馬大学大学院2009年卒)

私は大学時代に臨床検査技師の資格を取得する専攻に在籍しておりました。臨床検査技師という職種が自分に向いているのかという葛藤と、研究を通し自身の将来の選択肢を広げようという思いから大学院に進学しました。大学院において治験に関する授業があり、そこで初めて治験に興味を持ちました。
CRCという職種は特に資格が必要である職種ではありませんが、臨床検査技師の資格を取得したことは現在に活きていると思っています。
臨床の場に出ず、治験の仕事に就くことは、もう後戻りができないという不安もありましたが、現在では全く後悔はありません。
自身が関わった薬剤が承認を得たという話を聞いた時は感慨深いものがあり、医師・病院のスタッフさん・被験者さんとの関わりを通じて様々な学びが得られる事にとてもやりがいを感じています。


子育てしながらも、CRCとしてのやり甲斐

佐藤 麻子 (2005年入社)

CRCとして入社してから、6年目に娘を出産しました。育児休暇を頂き、職場へ復帰させてもらいました。患者様の対応や会議などで定時に帰れないこともありますが、そのような時には、夫や祖父母に娘をお願いしています。普段は忙しい分、休日はたっぷり娘と遊んでいます。仕事をしていることで自分の時間を持てている分、子供にイライラをぶつけないでいられる気がします。
CRCは、各自に試験を任され患者様と医療機関と治験依頼者の全体をコーディネートしていく仕事ですので、決して簡単な仕事ではありませんが、そのような難しいところにやり甲斐を感じます。いろいろな疾患を学ぶこともできますし、たくさんの人との出会いがあることも魅力です。
支えてもらっている家族に感謝をしながら、いつまでも子どもと共に日々成長していきたいです。




このページの先頭へ

株式会社メディカルゲート

〒371-0855 群馬県前橋市問屋町2丁目4-3 アルファビル7階 TEL027-226-5921(代)・FAX027-226-5922